部分入れ歯をつけっぱなしにするとどうなる?

部分入れ歯をつけっぱなしにするとどうなる?

コラム

2020.6.26

部分入れ歯を装着している方は口腔内の衛生状態を保つため、食後には入れ歯を洗浄し残存歯をきちんと磨くことが重要です。部分入れ歯は形状が複雑で、特に維持装置()がかかっている歯(鉤歯)には歯垢が停滞しやすく、清掃を怠ると簡単に虫歯や歯周病を進行させてしまいます。また衛生面のほかに鉤歯への負担を軽減させるためにも就寝時は入れ歯をはずしておいた方がよいでしょう。大きな入れ歯の場合は乾燥させると変形することがあるので、清掃後、水または入れ歯洗浄剤に漬けて保管して下さい。

入れ歯を使用される人の多くはご高齢です。特に要介護の方はご自身での歯みがきが困難ですので、できるだけ周囲の方が入れ歯の洗浄や歯みがきを手伝ってあげたほうがいいです。
図1は要介護の患者様の口腔内ですが、部分入れ歯を2日に1回はずして洗浄するのみで歯みがきがほとんどできておらず、部分入れ歯を作ってわずか半年で入れ歯の維持装置()をかけている歯(鉤歯)が虫歯になり折れてしまった症例です。鉤歯がなくなれば入れ歯が動き易くなり食事ができません。また通院が困難にもかかわらず、治療日数をかけて入れ歯を作り直さなくてはなりません。

病気やご高齢で体力が減退している方は、口腔内の不衛生な状態が続くとお口の中にカビが生えたり(カンジダ症:2019年8月コラム)、誤嚥性肺炎を引き起こしたりします。口腔衛生状態を改善させることは決して歯だけの問題ではありません。

図1
図1 部分入れ歯を長期間装着したまま歯みがきを怠ったため半年で虫歯になった症例

TOP