歯ぎしりが強い人にクサビ状欠損はなぜ起きる?

歯ぎしりが強い人にクサビ状欠損はなぜ起きる?

コラム

2019.6.25

前回のコラム(2019年5月コラム) では、歯ぎしりや食いしばりが強い人の歯の根元(歯頸部)にクサビ状欠損ができやすいことを述べました(図1)。今回はこのクサビ状欠損ができるメカニズムについて説明したいと思います。

昔はこのクサビ状欠損は、歯ブラシで歯を強く擦り過ぎることが原因で起きるとされていました。しかしこれが原因だとすると、歯頸部に限局的できれいなクサビ状欠損ができることは考えにくく、また図1のように歯ブラシの当たりにくい内側に引っ込んだ歯にクサビ状欠損ができて、それよりも外側にある犬歯にクサビ状欠損ができていないことは説明がつきません。

歯ぎしりが強い人の歯には歯槽骨頂部を支点として歯頸部に圧縮や引張の応力が繰り返しかかります(図2矢印)。これにより歯頸部の歯質が少しずつ崩壊して次第にクサビ状欠損として目に見えるようになります。こうなると歯頸部の象牙質が露出して歯がしみたり、歯垢(プラーク)が停滞しやすくなって虫歯になることがあります。

クサビ状欠損がこれ以上ひどくならないようにするには、歯に水平方向の強い力がかからないように咬み合わせの調整をするか、またはナイトガード2018年3月コラム参照)を就寝時に装着するなどして歯にかかる力をコントロールする必要があります。

図1
図1 歯頸部にできたクサビ状欠損

図2
図2 歯に水平方向の強い力がかかると歯頸部に応力がかかり、歯質が少しずつ崩壊していく

TOP