コラム

歯ぎしりが強い人の歯はどうなっている?

コラム

2018.10.25

歯は人間の体の中で最も硬い組織です。そして、その歯で私たちは日々食事をすることができます。
その硬い歯でも、毎日咬み合わせることで少しずつですが歯は摩耗していきます。これを咬耗と呼びます。歯が萌出して間もない10代の頃は、歯の咬耗はほとんど目立ちませんが(図1)、高齢になるにつれて咬耗が大きくなり、歯の凹凸が少なくなります(図2)。これは加齢現象ですので特に問題はありません。

ところが、歯ぎしりをする習慣がある人は比較的若い年齢であるにもかかわらず歯の咬耗が著しいことがあります(図3)。歯ぎしりは睡眠中に無意識にしていますが、その咬合力は覚醒時よりも強いと言われています。歯ぎしりが毎晩のように繰り返されれば、若い年齢でも咬耗が大きくなっていくことがご理解いただけると思います。

歯ぎしりはストレスとか不良な咬み合わせが原因と言われていますが、はっきりとした原因はまだ分かっていません。したがって歯ぎしり自体を止めることは基本的には不可能です。しかし、歯ぎしりによる歯の咬耗を防ぐことはできます。ナイトガードと呼ばれる歯を保護するマウスピースを作って就寝時に装着すれば、ナイトガードが摩耗することで歯の咬耗は抑制されます(図4)。このナイトガードは、歯ぎしりの音を消す効果もあります。

図1
図1 17歳の奥歯の形態.歯の咬耗はほとんどない

図2
図2 64歳の奥歯の形態.咬耗は大きくなり、歯の凹凸は少なく平坦になっている

図3
図3 歯ぎしりにより臼歯が著しく咬耗している症例.
咬合面のエナメル質が少なくなり、黄色い象牙質が露出している

図4
図4 歯ぎしりから歯を守るナイトガード.ナイトガードが摩耗することで歯の咬耗を抑制している

TOP